【●LIVE IN DUNGEON】ダンジョン攻略系ストリーマー(レビュー)

今回は●LIVE IN DUNGEONという、動画配信者系RPGという異色なゲームについてレビューしたいと思います。
全てが忙しい、独特なゲームになっています。ぜひ有名ストリーマーの気分を味わっていってください!

どんなゲーム?

主人公がライブ配信しながらダンジョン攻略をする、ストリーマー系RPGゲーム。
シングルプレイゲームで、移動はWizardry系の移動方式、バトルはアクティブタイム系のバトル方式です。
グラフィックはトゥーンっぽい見た目で、がっつりRPGというわけではなくカジュアル目のRPGです。

おすすめポイント

斬新なテーマ

RPG×ライブ配信という斬新なテーマ。
他に類を見ない作品なので、新しいテーマとしてとても面白いと思いました!
色々なコメントが流れてきて、主人公の行動によってコメントが変わっていったりするのがいいですね。

また、敵を倒したりコメント返信したりすると、登録者数が増えたり、コメントが増えたりします。
コメントにも、初見の人がいたり常連がいたりとちゃんと読むと面白いコメントが多いです。
(忙しすぎて最後のほうはゆっくり読めないんですけどね……)

コメント返しでパワーアップ

戦闘中、キーボード操作だと左手で主人公を操作し、右手でコメント返しをすることになります。アクティブタイムバトルなので、主人公の攻撃だけに集中しているとコメント返しができません。
コメントに主人公が反応すると、攻撃を撃った後のクールダウンを短縮できたり、必殺技ゲージが溜まったり、回復してくれたりといいことづくめ。
また、コメント返しをすると武器や防具が買える通貨になるので、きちんとコメ返ししなければいけません。

このシステムにより、なかなか忙しい戦闘をすることになります。
コメ返しをするために、少し特殊な操作感なんですね。

注意点

画面サイズについて

画面サイズの自由度がほぼなく、ウィンドウでしかプレイできません。
筆者は4Kディスプレイでプレイしているので、ウィンドウが小さすぎてプレイが大変でした。
もう少し大きい解像度、フルスクリーンも先手串に欲しいところです。ここは明確な改善点だと思います。
もしこのゲームを購入される際にはそこも考慮したほうがいいかもしれません。

コメントについて

コメ返しがゲームに組み込まれているのは面白いシステムですし、実際楽しいですが、コマンドを連打して何も考えずにコメ返ししても支障はありません。
後半は戦闘が厳しくなるので、コメントをゆっくり読む時間もないですし、特に適当に返信するデメリットがないなら全部のコメントをまじめに答えなくなってしまうのは、微妙な点ですね。

ボリュームについて

個人的にプレイした感覚だとクリアまでに1時間30分~2時間といったところで、決してボリュームがあるとは言えません。
ステージも一本道ですし、収集要素もありません。このボリュームで980円なので少々割高。
この価格はアイディア料に近いので、新しい体験をしたい方にはおすすめ、骨太RPGが好きという方にはあまりおすすめしないという感です。

短評

思いつきそうで思いつかなかった面白いテーマのゲームですね。
ボリュームが少ないといいましたが、個人的にはサクッとプレイできて短時間でクリアできるゲームも好きなので、満足してます。
ゲーム性としては少々おおざっぱで使える技と使えない技がはっきりしているし、ステージも一本道です。

色々とツッコむ部分は多くありますが、それでもなお、このゲームでしか味わえない個性があると思いました。
変わり種のゲームが好きな方にはおすすめなゲームになっております。

筆者のおすすめゲームが満載!Steamキュレーター!

筆者がおすすめするゲームをまとめたSteamキュレーターが登場!
あなたが知らないゲームがあるかもしれない!
みんなでプレイできるCOOPゲームやパーティゲームなどを多く紹介します。興味のある方はぜひフォロー!
キュレーターを一緒に盛り上げてくれる方も募集中!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事